TOP Novels


王の剣士 番外 「バインド」


 男の右腕は事ある毎に痛みを訴えた。
 痛みは長く、重く、身に付いて離れず、男を一瞬にして過去へと引き戻す。
 右手の指が痛い。関節が、二の腕が、右の手首が痛い。けれどそれはどう治癒の施しようもないものだ。
 何故なら、男に右腕は無いのだから。
 右肩の付け根から先は無く、痛みの中で唯一、切断された肩の燻る痛みのみが真実だった。
 だが、最早無い腕は常に訴え続ける。
 腕を落とした者を殺せ。
 お前から腕を奪った者を殺せ。
 お前から、お前を奪った者を殺せ。
 殺せ、殺せ、殺せ、殺せ、殺せ、殺
「うるせぇ」
 苔むした大樹を背に両足を投げ出して座り込み、眼を閉じたままバインドは吐き出すように呟いた。右腕の声は不満そうにバインドの意識を撫でたものの、すぐに奥底に沈んでいった。
「ふん」
 薄っすらと眼を開ける。夜の闇が森の中に落ちているが、上空は生い茂った樹々の枝に遮られ、星が出ているのかすら分からない。今がどのくらいの時間なのかも全く分からなかった。
 とはいえ、既にバインドには、時間など大して意味を持たないものになっている。深い眠りに落ち、眼が覚めれば彷徨い、喰らい、恨みを呟き続ける右腕に時に耳を傾け、時に切り捨てる。街の薄汚れた片隅で眠り、深い森の中で眠る。
 右腕を失ってからどれ程の時が経ったのか、それすらも定かではなかった。十年か、或いはもっと経っているのかもしれない。その間、ずっと這うように生きてきた。
 惨めな生だと嗤う。
 その生活が、ではない。自分が以前何の地位にあったのか、そんな事はどうでも良かった。そんなところに置く誇りなど元から無い。
 ただ、この腕が。
 この失われた右腕が、誇りの喪失に対する恨みを吐き続ける。
 何故それで未だに生きているのか。
 何故お前は生きている?
 お前の存在意義など、既に無いではないか。
 何の為に、生にしがみ付いているのだ?
「うるせぇ」
 再び呟くと、バインドはよろめく足を押さえて立ち上がった。苔と土の湿った匂いが、身に纏わり付きながら辺りに散る。
 腹が減った。



 かつてバインドは、この国の王を警護する近衛師団にあり、一軍を率いた。
 近衛師団第二大隊左軍中将。
 それがかつてのバインドの地位だ。
 近衛師団は王直属の精鋭部隊であり、その肩書きだけでも他を圧倒するに十分なものだった。
 だがそれ以上に、バインドを際立たせていたもの。
 生まれながらにその身に剣を宿す、『剣士』という特性。
 『殺戮者』『切り裂く者』『戦うためのみに生まれる者』
 バインドは右腕に焔を纏う剣を宿し、剣に於いては、その戦闘能力に比肩する者はいなかった。
 それ故に――バインドは飽いていた。
 対等に剣を交える相手がいない。
 退屈と苛立ちが常に身に纏い付いていた。
 切り裂き、剣を合わせる事に至上の喜びを見いだすバインドにとって、その事は自分の存在すら無意味に感じさせた。
 紙を切り裂いているように感じる。
 人形の手足を落としているようだ。
 周囲は口々にバインドを称賛した。比類無き剣士、誇るべき剣士だと。
 バインドはその称賛を冷めた眼で眺めていた。人形を斬って誉められるとはお笑いだ。
 苛立ちは日毎夜毎にバインドの中に降り積もり、静かに、気付かれぬままに確実に、狂気を育てていった。
 それはやがて、最悪な形を取って現われる。
 ちょうど十四年前の冬、北方の辺境で反乱が起きた。反乱を起こしたのは、ある剣士の一族だった。
 王は北方辺境軍約千名を投じ鎮圧に当たらせたが、彼等は雪解けの季節に至っても尚、反乱を鎮圧できずにいた。
 それも当然の事だろう。剣士一人いれば、百の兵を抑えると言われる。
 王都からただ戦況を眺めながら、バインドは内心、焦りすら覚えていた。
 剣士。剣士だ。自分と同じ存在。
 最強の剣士と謳われながら、バインドは剣士と剣を交えた事などない。それもまたお笑い草だと思ったが、剣士の数は少なく、その機会は得られなかった。
 彼等の事は聞いていた。仕える先を定めず、求めに応じて戦場に出る一族だ。
 バインドの焦りを余所に、近衛師団が動かされる気配は無かった。総将へ進言したものの甲斐はなく、王への謁見は受け入れられなかった。
 戦いが長引くほどにバインドは焦れた。
 だが同時にそれは、バインドにとって、吉報でもあった。
 彼らが剣を交えるに値する相手だと、取りも直さず証明しているではないか?
 やがて辺境の雪も溶け出す頃、ついに近衛師団第二大隊に王の命が下された時、バインドは眩暈のするほどの喜びを覚えた。
 相手の力量はどれ程だ?
 何合剣を合わせてくれる?
 全員と戦ってもいい。
 早く戦いたい。
 早く。
 早く――。


 辺境に辿り着いたその日に、バインドは戦場に出た。戦況は聞いていた以上に悪く、兵達の疲弊は激しかった。
 それが、僅か数名の剣士達による為だと――。
 バインドは笑った。
 早く。



 剣士の一族は、たった一人が戦場にいるのみだった。
 男の足元で呻きを上げる兵達は、だが誰一人死者はいない。
 男は、バインドが来るのを待ち構えていたかのように笑った。
 青白く光る剣がバインドの剣と呼応する。
 何か男と言葉を交しただろうか。既に忘れた。
 だが、その後の事は明瞭に覚えている。
 バインドの初太刀は、男の剣に軽々と弾かれた。
 驚愕と――身体の奥底から沸き上がる悦び。
 それはバインドの中にあった本能を明確に浮き上がらせた。
 ぎりぎりの生と死を垣間見る事、その戦いこそ、剣士の存在意義だ。
 それ以外に意味はない。


 戦いは唐突に、バインドの予想もしない形で終わった。

 男と剣を合わせる内に、今までになかった力が呼び起こされていく。
 それでもまだ足りない。男を倒すには、まだ。
 死はすぐそこにあり、生は遠退く。
 それすら心地よい。
 だが
 男は、ほんの一瞬、バインドとの戦いから視線を逸らせたのだ。
 戦場から遠く離れた、森の方角へ。そしてその剣の力を向けた。
 ただ一瞬の内に、生と死は逆転し、バインドは呆然と足元に倒れた男の身体を眺めていた。
 何が起こったのか、理解できない。
 何があの男の気を、自分から逸らした?
 勝利の喜びなどない。虚ろな心の中に沸き起こったのは、――怒りだ。
 視線を、逸らす?
 逸らすだと?
 ――ふざけやがって。
 身を渦巻いて捻りあげるような苛立ちと怒りが、バインドの身体を支配した。
 自分との戦い以上の、何がある?
 剣士にとって、目の前の戦いの他に、何の価値がある!?
 勝利に駆け寄った副将を切り捨てた。驚き、そして憤り、それから恐怖の内に逃げ惑う自軍の兵士達を、目につく者から全て切り裂いた。
 周囲が何百、何千という死体で埋まっても、苛立ちは収まらなかった。
 そうして、森に、あの男の視線が向いた方角に向った。



 怒りが、込み上げる。
 足で土を蹴り上げ、右肩を樹の幹に激しく叩きつける。身体が勢い良く弾き返され、よろめき背後の幹に音を立てて凭れかかった。
「くそっ! あの野郎……何だってんだ!?」
 俺に剣を合わせる価値が無いとでも?
 この俺に、この剣士バインドが、
 全てを向けるだけの価値が無いと、そう言うのか!?
 ふいに、頭の中で嘲りの声が囁く。
(――剣士? 笑わせるな。剣を失って、何が剣士だ)
(お前に価値は無い。価値があったのは私だ)
(私を失ったお前に価値は無い)
(くだらない生だ)
「うるせぇ! うるせぇ! うるせぇッ!」
 右腕を振り上げ、目の前の岩目掛けて叩きつけようとして、ありもしない腕は当然のごとく空を切る。バインドは体勢を崩して岩の上に倒れ込んだ。身体が強かに岩に叩きつけられる。
 一瞬呼吸を失った喉の奥から吐き出される息に、やがて低い笑いが忍び入る。
「……くッ、クク、ハハハ……」
 くだらない生?
 いいじゃないか。
 剣を失い、自分の生きている意味など無いと言うのなら、それもそうだろう。
 自分が望んだ生でもない。
 だが敢えて死ぬ気もない。
「死にたい奴が死ね。俺は別に、どっちでも構わねぇ」
 確か、やりたい事があった。
「なんだっけかなぁ」
 起き上がり、額に手を当てて思考を巡らせる。
 そうだ、あの男。あの剣士を殺すのだ。
 今度こそ完璧に、あの剣を抑えて殺す。
(もういない。私が斬った)
「そうだ。俺が斬った。あれは楽しかった」
(殺せ)
「誰をだよ」
(私を斬り落とした剣士)
「焼け死んださ」
(殺せ)
「けっ」
 よろめきながら立ち上がり、バインドは当ても無く歩き始めた。
 樹々の間を抜け歩く内、不意に細い道に出る。
 その道へ一歩踏み込んだ途端、高い悲鳴が耳を打った。
 悲鳴のした方へ顔を向けると、緑の瞳と視線がぶつかった。
 恐怖に見開かれた瞳に視線を合わせたまま、バインドはその眼を細めた。
「何だ、てめぇは」
 威嚇する荒々しい声に、漸くその場にまだ他の者達がいる事に気付き、バインドは緑の瞳から視線を動かした。
 三人の男達が抜き身の剣を提げて、一人の子供を足元に押さえつけている。子供の手から転がり落ちたボロボロの袋から、僅かな食料が覗いていた。だが汚らしい袋に、どう見ても似つかわしくない品物だ。押さえつけられている子供が、どこかから盗んできたのだろう。
 今いる道を辿ると、北の街道沿いのちょっとした街がある。
 バインドは男達の姿を眺めた。これまた、街の警備隊という訳でも無さそうだ。
 子供がどこからか盗んだ食料を、更に山賊達が奪い盗る、といったところか。
「クク」
 低く嗤い、背を向けて歩き出そうとしたバインドに、男達の一人が立ち上がる。
「何笑ってやがる、てめェ」
 だがバインドが止まる気配を見せない事に苛立ったのか、手にした剣をこれ見よがしに振り翳し、男は荒々しい足音と共に近寄った。男の腕が、バインドの右肩に掛かる。
 バインドの足が止まった。
 男はバインドの肩にかけた手を、ぎょっと振り払った。
「何だぁ、こいつ、片腕がねぇ」
「腕なんかどうでもいいじゃねぇか。そいつは何か持ってねぇのか、とっとと」
 ふいに、バインドに手をかけた男の身体が跳ね飛び、残りの二人の足元に叩きつけられた。
 男達が驚愕の表情を浮かべ、転がった仲間を見つめる。それから、まだ子供を押さえつけたままの体勢から、バインドを呆然と見上げた。
「……て、てめェ、何やってんだ……」
 バインドは無言で近寄ると、片足を振り上げ、転がった男の腹を蹴った。男がくぐもった呻き声を上げて転がるのを追って、頭を、背中を、腕を蹴りつける。
 肉が裂け、骨が砕ける。
「や、止めろっ!」
 慌てて立ち上がった男の一人が、バインドの背中に振り上げた短剣を突き立てた。
 肉に深く突き刺さるはずの刃はバインドの身体に触れた瞬間、音を立てて折れた。
「……っひ」
 信じ難いものを目にして、男達が呆然と立ち竦む。
 振り向きもせず、転がった男を再び蹴りつけ仰向けにすると、バインドは男の喉に足を掛けた。
 ぐ、と体重を乗せると、悲鳴さえ上がらないまま、鈍く砕ける音が響く。すぐには絶命せず、男は痙攣のように手足をばたつかせている。
 その姿から面白くも無さそうな視線を外し、バインドは漸く背後の残りの二人に向けた。自分の足元に落ちた砕けた刃に気付いて、薄く嗤う。
「――何だ。俺を斬るのに、この程度の短剣か?」
 感情の欠落した寒々しい響きに気圧され、残りの二人が後退った。
「う、うわっ」
 バインドは一歩踏み出した。手を伸ばし、もう一人の持っていた剣の刃を握り込む。それはボキリと、枯れ木のように折れた。バインドの口元が冥い笑みに吊り上る。
「……おいおい、もっとましな剣を見せてくれよ」
「ひぃっ、く、来るなっ」
 男達は絡まる足で土を掻くように背を向けると、転げるようにして我先に森の中へ駆け込んだ。
 バインドは彼等の後姿に首を巡らせたものの、すぐに興味を失ったように視線を戻し、足元に蹲ったまま震えている子供にその視線を落とした。それから、その傍に落ちていた袋に手を伸ばしてそれを拾い上げた。
 ずしりと重い袋を逆さに振ると果物や干し肉が幾つかと、それから壜が一本、柔らかい土の上に転がり落ちる。
「おっと、葡萄酒なんて入ってんじゃねぇか。それなりの品だな」
 拾い上げ、手の中で放りながら、怯えたままの子供に眼を向けた。おおよそ五、六歳程度か、薄汚れた顔と手足に、いつ洗ったのかも分からない汚い服を着ている。
「おいガキ。こんなもん持ってるからそんな目に合うんだ。どうせ盗むなら、今度から俺に持って来いよ」
 ひとつ嗤うと立ち上がり、バインドは森の奥に足を向けた。





次のページへ

TOP Novels



renewal:2007.09.8
当サイト内の文章・画像の無断転載・使用を禁止します。
◆FakeStar◆