TOP Novels


王の剣士
【序章 「夜行」】


  夜の中に、りん、と鈴のが響いた。

 寝静まった大通りに並ぶ建物は全て三階まで層を重ね、紅樺色の瓦屋根と乳白色の壁で統一された街並みは、この国の豊かさや安定を物語っているようだ。
 特にこの辺りは王都アル・ディ・シウムの上層、裕福な商人や国の高官達が暮らす区域で、横に十は窓や露台の並ぶ一つの区画が丸々一棟、個人の屋敷である事も珍しくない。
 その一角、二階の窓の一つに赤い羽根の房が映り込み、ふわりと揺れた。窓の中から覗いているのではなく、窓の外、通りにある姿が暗い窓硝子に映っている。
 見れば羽根は帽子に付いた房飾りだ。
 こんな静まり返った夜の通りではなく、貴族達の華やかな祝宴の場か、それともきらびやかな舞台に相応しい。
 帽子の下の顔は口元を残し、白い陶器で作られた鮮やかな色彩の仮面で被われている。
 それがちょうど、窓の中を覗き込む高さにあった。
 けれど、二階にある窓に?

 そう――
 それは背の高い、奇妙な姿をしていた。
 二階の窓までおよそ一間半はある高さに顔があり、胴体が続き、ただ下半身が異様に長い。身体はゆらゆらと、不安定に揺れている。
 膝が高い位置で曲がるのを見ればすぐにそれと判るが、おそらく身長と同じくらいはあろうかという、高足を履いているのだ。足は長い衣ですっぽりと覆われている。
 りん、と鈴のが響く。帽子の房飾りに付けた鈴が揺れる。
 身体を左右に振り、拍子をつけて鈴を鳴らす。
 その音は一つではなく、二つ、三つと重なり始めた。
 振り返れば後ろにも、前にも、同じ高足を履いた人影が揺れている。
 灯りを落とした深夜の街の通りで、街燈にそこだけ鮮やかな色が照らされて過ぎる。
 長く裾を引く原色の衣裳。
 異形の列。
 リン、リン、リン……
 呼び交わすように――呼び掛けるように鈴が鳴る。
 夜の静寂しじまを震わせて流れるそれは、だが不思議と住人達の眠りを覚ます様子は見えなかった。
 鈴を楽の音のように振り撒き、夜の静まり返った通りを、一見不安定な高足に揺られながらゆっくりと歩く。
 足音も立てず、時には身を縛る重さなど感じさせずに飛び跳ねて。
 夜行やぎょうが進む。
 行進していく。
 ふと、一つの露台の前で行進が止まった。
 仮面の下の瞳が何かを確認するように瞬き、それからゆらりと身体を揺らして露台の手摺に手を付くと、その奥の窓を覗き込んだ。
 ぽう、と窓の奥でごくごく小さな光が宿る。
 リン、と鈴が鳴る。
 仮面の下の赤い唇があでやかに笑う。
 吊り上がる笑みに誘われたように、露台の奥の硝子戸が開いた。
 部屋の中から、若い娘が寝間着のまま露台へと現れる。半開きの瞳は、まだ緩い眠りの中にあるようだ。
 仮面は彼女を見つめ、白い手袋と長い飾り爪をはめた手で優雅に手招いた。
 少女の手から、ぽとりと何かが落ちる。
 それは冷たく薄い水色に発光している水晶の欠片のようで、石造りの露台の床に落ちて転がった。
 ゆっくりと光が消える。


 りん――


 微かな鈴の音を残し、夜行の列は夜の影の中に消えた。






前のページへ 次のページへ

TOP Novels



renewal:2009.08.16
当サイト内の文章・画像の無断転載・使用を禁止します。
◆FakeStar◆