TOP Novels


王の剣士 番外 「バインド」


 視線の先で青白い光が膨れ上がる。
 女が何かを叫んで、光を覆い隠そうと動く。
 光は鋭い刄のようにバインドに向かって伸びた。
 全ての動きが、まるで止まっているかのように映る。
 光が肩に突き刺さり、肉が、血管が、骨が断ち切られていく。
 脳髄を貫くような痛みが、バインドの意識をじわりと支配しはじめた。



 凄まじい苦鳴が耳を聾して響く。
 それが自分の中から響いているのに気付き、跳ね起きた。
 森が震え、ぐるりと回る。
 自分の視界が回っているのだと気付かないまま、バインドはその場に突っ伏して吐いた。
 土と腐りかけた落ち葉と自分が吐き出した胃液に塗れながら、左手が右肩を慌ただしくまさぐる。
「無ぇ、無ぇッ! くそっくそッ」
 右肩が火が点いたように熱い。
「ちくしょうッ!」
 頭を地面に幾度も叩きつけ、左手が闇雲に土を掻き散らす。
 背後でガサリと茂みが鳴った。
 視線を向けるより早く、バインドの腕が伸びる。
 指が細い首を掴んで吊り上げた。
 荒い息の向うで、子供が大きな瞳を怯えに見開き、バインドを見つめる。バインドの中に生じた驚きが、すぐ強い苛立ちに変わった。
「――何だ、てめェ……何で俺に付き纏う」
 ギリ、と音を立てて指が喉に食い込む。バインドは獰猛な獣のような笑みを浮かべ、子供の顔を覗き込んだ。
 怒りがじりと込み上げる。
「俺がお前を救けたと、そう思ってんのか? この俺が、お前みてェなガキを救けたと?」
 吊り上げられた手足が、泳ぐように宙を掻く。
「この先も救けて貰えるかもしれねぇと、そう思ってんのか!?」
 バインドは喉を引きつらせ、高い笑い声を上げた。
 指に更に力が加わり、子供の顔色が青黒く染まる。
 緑色の大きな瞳が、苦鳴すら上げず、黙ってバインドを見つめた。
 不意に、怒りが失せた。
 バインドの指から力が抜ける。
「ち」
 子供はそのまま滑り落ち、落葉の中に転がって激しく咳き込んだ。
 力の抜けた左腕をだらりと垂らしたまま、バインドは子供に背を向けた。
「失せろ。今度俺に近寄れば殺す」
 森の奥へと一歩踏み出した途端、全身の力が抜け、バインドはその場に倒れ込んだ。





次のページへ 次のページへ

TOP Novels



renewal:2007.09.8
当サイト内の文章・画像の無断転載・使用を禁止します。
◆FakeStar◆