インディアンテント「ティピー」ご希望のサイズでオーダーメイドします!

〒485-0815
愛知県小牧市篠岡1-6-15-502
TEL/FAX:0568-39-5250
http://gfield.jp
info@gfield.jp

Font-Size Font-S | Font-M | Font-L | Font-LL

コットンライクに環境への配慮も加えた【”エコ”ットンライク・ティピー】

再生ポリエステルを100%使用した環境に優しい「”エコ”ットンライク・ティピー」

本場のティピーと同じ雰囲気が再現できるコットン風合いのコットンライク・ティピーを再現しながらも、環境に優しい再生ポリエステルを100%使用した現代のニーズにマッチした新しいタイプの生地を使用しました。
環境に負荷の少ない再生ポリエステルの繊維を編みこんだコットン風合いのやわらかな生地を使用したティピーだからこそ再現できる風合いが魅力。

自然素材のコットンのような手触りと雰囲気を再現した素材で適度な強度がありながらも軽いため設営もしやすいのが特徴です。

 

チャレンジ25

生地サンプル【”エコ”ットンライク・ティピー】全19色

EC13 コードNo:ECO_13
透光率が高く、汚れも目立たないためほとんどのティピーに利用されているアイボリー色。
弊社で製作するティピーのベースカラーとなっている。
EC11 コードNo:ECO_11
”エコ”ットンライクの生地の中では透光率は一番高く、内部も明るくなるが汚れが目立つため利用頻度は少ない純白色。
EC12 コードNo:ECO_12
透光率が高く、汚れも目立たないためティピーの外幕としておすすめできるグレー色。
”エコ”ットンライクで初めて実現された新色となっている。
EC14 コードNo:ECO_14
透光率も多少あるが、外幕としては内部が暗くなるため使用範囲が限定されるカフェオレ色。
”エコ”ットンライクで初めて実現された新色となっている。
EC16 コードNo:ECO_16
透光率はとても高いのだが、内部に漏れる光で内部空間が黄色く染まってしまうため使用範囲は限定されるが、”エコ”ットンライクで初めて実現された新色となっている。
EC15 コードNo:ECO_15
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC17 コードNo:ECO_17
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC18 コードNo:ECO_18
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC19 コードNo:ECO_19
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC20 コードNo:ECO_20
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC22 コードNo:ECO_22
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC23 コードNo:ECO_23
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC24 コードNo:ECO_24
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC25 コードNo:ECO_25
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC26 コードNo:ECO_26
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC27 コードNo:ECO_27
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC28 コードNo:ECO_28
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC29 コードNo:ECO_29
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
EC30 コードNo:ECO_30
透光率が低いため、外幕としてはおすすめできないが、ライナーなどのインナーシートとして内部空間を落ち付いた雰囲気に表現するために使用範囲が広がるカラーバリエーション。
”エコ”ットンライク・ティピーに使用される生地の特徴
UVカット加工 【UVカット加工】
ポリエステル繊維は強い日差しと紫外線を遮る構造から、紫外線カット率が高くなっています。この生地は人体に有害な紫外線をほぼ100%カットしています。そのためティピー内は、自然の光と風を受けながら、心地よく過ごせる空間創りに大きな役割を果たしています。
防炎加工 【防炎加工】
日本防炎協会が認定する安全性を最優先した防炎加工を施しています。
※「防炎」とは・・・
防炎とは「燃えにくい」という性能を示す用語で、不燃とは異なります。
着火しても自己消火性があり、際限なく燃え広がらないことを意味します。
撥水加工 【撥水加工】
表面のコットンライクな生地の柔らかな風合いと素材感を保ち、水をはじき、汚れも落とす加工を施しています。
環境に優しい 【環境に優しい】
環境に負荷の少ない再生ポリエステル生地を使用したティピー
コットンライク 【コットン風合い】
本場のティピーと同じ雰囲気が再現できるコットン風合いのコットンライク・ティピー

メリット
  • 設営した時の風合いが良い!
  • 生地が軽くて柔らかいため設営がしやすい!
  • UVカット加工による心地よい空間創りが可能!
  • 環境保全に役立ち、環境への負荷が少ない
  • カラーバリエーションが豊富!
デメリット
  • 生地単価が割高。
  • 生地の目地に埃が付着しカビが発生する場合がある。
Copyright©2012 Gfield.All Rights Reserved.